Skip to content

Quatrième jour | 4日目 Déjeuner avec Jean Baptiste Astier de Villatte ジャンさんとランチミーティング

 2

JEANさんとパートナーのグレゴリーとお手製のお料理を囲んでの歓談です。
素晴らしいインテリアとJBAdeVの陶器に美しく盛られたおいしいお料理・・・至福のひとときです。
ドレッシングも全てお手製であまりに美味しかったので作り方を教わってしまいました。

10


1


3


12


13

インテリアをご紹介します。
こちらも、JEANさん手造りの家具で、アンティークに手を加えて全く違う世界観のあるものに蘇ります。
今回陶器にあうテーブルをお願いしてきました。
今後「家具もオーダーで扱うことにしましたのでまたご案内いたしますね。

4

11

5

7

6

名残惜しくもっと滞在したかったのですが、
明日からのパリの予定があり列車に乗り遅れないようにと慌ててアトリエを後にしました。
今回もまたオーダーしていますので、楽しみにお待ちくださいね。

14


Troisième jour | 3日目 L’atelier Jean Baptiste Astier de Villatte ジャンさんのアトリエ

アトリエがどうなってるのかとワクワクします。
DSC_8230
Jeanさんが丁寧に説明してくれます。
JEANさんが陶器に込める想いが前にも増したように気がします。
DSC_8227
陶器や型の山。貴重なものばかり。
DSC_8304
DSC_8303  DSC_8234
前回訪れた時になかった釜が、今回はありました。

DSC_8236

今は、JEANさん自ら、陶器を作成されています。
陶器は想いが込められていて、1点1点貴重で価値のあるものです。
DSC_8242-1
DSC_8245
DSC_8238-1
DSC_8239-1
JEANさんが作成するオブジェはアンティークのものや、
日常のなにげないものなど、
あらゆるものにインスピレーションを感じて創作されます。
JEANさんの作品は、特別であり貴重なもの!
DSC_8306
黒い土、余ったものも何かになるようです。
DSC_8305
DSC_8225
次はゆっくりJEANさんのお話を聞きながらのお食事です。
続く。

Deuxième jour | 2日目 Treffiagat・Jean Baptiste Astier de Villatte

DSC_5663

パリ、モンパルナス駅を出発してTGVでカンペールまで4時間半、

そこから車で30分でJEANさんのアトリエがあるTreffiagatまで。

長旅ですが、アトリエで作家としての活動をしているJEANさんが

今何を手がけているのか?気になって訪れずにはいられません。

DSC_5771

DSC_5795

アトリエに行く途中、JEANさんが好きな海を回ってアトリエに向かいます。

JEANさんは、今年はよく泳いだということです。

DSC_8317

アトリエに到着、前回はまだ釜が入ってなかったので

今回どうなっているのか楽しみです。

DSC_8310

DSC_8308

入口を入ってすぐのフロアを通り抜け

2Fの画家であるお父様のアトリエに行きます。

いよいよJEANさんのアトリエに入ります。

DSC_8313-2

次回はJEANさんのアトリエをご紹介させていただきます。


Premier jour | 1日目 l’Arc de Triomphe et le paysage de Paris  凱旋門とパリの風景

現在もパリは不穏な状況が続いていて、

今年のM&O見本市はやめようと思っていたのですが、

 

急遽行くことになり、今回はいつものエッフェル塔が見えるホテルから凱旋門が見えるホテルになりました。

NMS_8329

 

雨上がりに滲む凱旋門もまた美しく・・・これがパリですね~

 

 

 

DSC_8338

 

木々と凱旋門

 

 

DSC_8345

 

水面に浮かぶ凱旋門

ロータリーの路面がまるで水面のように美しいです。

 

 

NMS_8342

 

明日は JB A de V JEANさんの所へ行きます。

 

 


Spécial / JB AdeV,créations depuis 1993 | Jean Baptiste Astier de Villatte

REGARDSルギャールとして長らく愛されてきたブランドですが、
この度、「JB AdeV,créations depuis 1993」ジベ アデュヴェ クリアシオン デュプイ 1993と
ブランド名を変更し、新たに出発することとなりました。

Jean Baptiste Astier de Villatte ジャン バティストアスティエ ドゥ ヴィラットの作業場

DSC_5668

DSC_5669

とても貴重な陶器の型

DSC_5671

Jean Baptiste Astier de Villatte ジャン バティストアスティエ ドゥ ヴィラット

DSC_5670

Jeanは、画家である父とアスティエドヴィラッドの姓を引き継ぐ母との長男として生を受けました。

彼は、パリのエコールボザール(美術大学)で建築を学び、

そこで、パリの土と言われる黒い土と出会い、そこから陶器を作ることを始めました。

DSC_5667

その後ブランドを立ち上げ、3度のブランド変更を重ね現在のブランドとしてこの度再出発することになりました。

彼のアート色の強い作品をこよなく愛する私としては、この度また皆様にご紹介できるのがうれしく思います。

その念願のJean Baptiste Astier de Villatte の陶器が、フランジュールに沢山届きました!

今急ピッチで作業し、なるべく早く店頭でご紹介出来る様、作業中です。

DSC_0532

近日中にフランジュール神戸店でご紹介致します!

今しばらくお待ち下さいませ。

DSC_0829

新しいロゴ。

DSC_0834

お楽しみお待ち下さいね!

DSC_5819

Jeanさんと行ったレストランにて。

次回のパリまで、À bientôt !