Skip to content

Christiane Perrochon Owner blog | Troisième Partie 3回目

ペロションさんのアトリエに。

2006年の7月

写真家の山本豊さんと私たちはパリからイタリア ピサに飛びそこから車でトスカーナに向け出発しました。

数時間かけて走り、麓の村に着いたのが夕方になっていました。

これから山道を上がっていくということで、その前に麓のカフェで食べた

シンプルなフレッシュトマトのブルスケッタの美味しかったことを思い出します。


 

そこから1時間以上、全く舗装されてないガタガタ山道を走ります。

静まり返った森がどこまでも続きます。

途中、木にこんな袋がぶら下がっていて、どなたかのポストのようらしいです。

遂に、アトリエに到着です。

こちらのアトリエは、元教会だったそうです。

なので、どこか荘厳な空気が漂います。

続く・・・・


Christinane Perrochon 展8月開催
8月にクリスチャンヌペロションさんが
フランジュール銀座店、フランジュール神戸店に来てくださることになりました。
また、ペロションさんのカタログ写真の写真家、
YUTAKA YAMAMOTO (山本豊)さんもご来店くださいます。

フランジュール銀座店 2017年8月6日、7日
フランジュール神戸店 2017年8月16日、17日

神戸店では、山本豊さんの作品の個展を開催致します。
日程決定致しましたら告知させていただきます。

>>>>詳細はこちら>>>>

 



Christiane Perrochon Owner blog | Deuxieme Partie 2回目

私が初めて クリスチャンヌ ペロション を知ったきっかけは、
パリのカトレーヌ・メミというデザイナーのインテリアショップに足を踏み入れた時のことでした。
モノトーンでスタイリッシュなインテリア、その上質で洗練された世界観に衝撃を受けたのがきっかけです。

そこに、インテリアに溶け込みながらも、一際目を引く器がありました。

白と黒だけの器・・・それがペロションでした。

そして、その後すぐにパリの見本市でペロションさんの器が出店されているのを知り、
そこで見たものは、モノトーンだけでなくたくさんの美しい色の世界でした。
ペロションさんにお会いしてどうしてもアトリエに行きたくなりました。

 

PHOTO  /  YUTAKA KAMAMOTO

WEBサイトの写真にも魅了されてしまい、
フランジュールのカタログを撮影して頂こうと思い、
パリ在住の山本豊氏を訪問しました。

撮影が決まり、どこで撮影するかという話の中で、
ペロションさんのお宅で撮影しようという話になり、
憧れのペロションさんのイタリア、トスカーナの工房まで行くことになったのが始まりです。

この深い写真はまるで絵画のようです。

続く


YUTAKA YAMAMOTO 山本豊
写真展

フランジュール神戸店
2018年8月16日から開催致します。


Christinane Perrochon 展8月開催
8月にクリスチャンヌペロションさんが
フランジュール銀座店、フランジュール神戸店に来てくださることになりました。

フランジュール銀座店 2017年8月6日、7日
フランジュール神戸店 2017年8月16日、17日

>>>>>詳細はこちら>>>>



Christiane Perrochon Owner blog | Première Partie 1回目

Christinane Perrochon 展8月開催します。

銀座店、神戸店にペロションさんとそのファミリーをお迎えして、
素晴らしい作品を前に陶器の事、
トスカーナの事などを語って頂こうと思っています。
この機会に皆様是非お越しいただいて楽しいひと時をお過ごしください。

クリスチャンヌ ペロションは
スイス ジュネーブ出身のスイス人で、
Ecole des Arts Decoratifs で陶芸を学び、
イタリア トスカーナに移り陶芸家として創作活動をしています。

イタリア、トスカーナの丘陵地が続くその山の頂にクリスチャンヌ ペロションのアトリエがあります。


なだらかな曲線を描く稜線、移り変わる木々の色、空、沈む夕日、
それらすべてが、ペロションの器に映し出されています。

このブログでは私がペロションさんの器に出会った時の事、
トスカーナの工房に伺った時のことなどを回想して、
数回に分けて綴っていきますのでご覧いただければ幸いです。


Christinane Perrochon 展8月開催
8月にクリスチャンヌペロションさんが
フランジュール銀座店、フランジュール神戸店に来てくださることになりました。
また、ペロションさんのカタログ写真の写真家、
YUTAKA YAMAMOTO (山本豊)さんもご来店くださいます。

フランジュール銀座店 2017年8月6日、7日
フランジュール神戸店 2017年8月16日、17日

神戸店では、山本豊さんの作品の個展を開催致します。
日程決定致しましたら告知させていただきます。

>>>>>詳細はこちら>>>>


 


Quatrième jour | 4日目 Déjeuner avec Jean Baptiste Astier de Villatte ジャンさんとランチミーティング

 2

JEANさんとパートナーのグレゴリーとお手製のお料理を囲んでの歓談です。
素晴らしいインテリアとJBAdeVの陶器に美しく盛られたおいしいお料理・・・至福のひとときです。
ドレッシングも全てお手製であまりに美味しかったので作り方を教わってしまいました。

10


1


3


12


13

インテリアをご紹介します。
こちらも、JEANさん手造りの家具で、アンティークに手を加えて全く違う世界観のあるものに蘇ります。
今回陶器にあうテーブルをお願いしてきました。
今後「家具もオーダーで扱うことにしましたのでまたご案内いたしますね。

4

11

5

7

6

名残惜しくもっと滞在したかったのですが、
明日からのパリの予定があり列車に乗り遅れないようにと慌ててアトリエを後にしました。
今回もまたオーダーしていますので、楽しみにお待ちくださいね。

14


Troisième jour | 3日目 L’atelier Jean Baptiste Astier de Villatte ジャンさんのアトリエ

アトリエがどうなってるのかとワクワクします。
DSC_8230
Jeanさんが丁寧に説明してくれます。
JEANさんが陶器に込める想いが前にも増したように気がします。
DSC_8227
陶器や型の山。貴重なものばかり。
DSC_8304
DSC_8303  DSC_8234
前回訪れた時になかった釜が、今回はありました。

DSC_8236

今は、JEANさん自ら、陶器を作成されています。
陶器は想いが込められていて、1点1点貴重で価値のあるものです。
DSC_8242-1
DSC_8245
DSC_8238-1
DSC_8239-1
JEANさんが作成するオブジェはアンティークのものや、
日常のなにげないものなど、
あらゆるものにインスピレーションを感じて創作されます。
JEANさんの作品は、特別であり貴重なもの!
DSC_8306
黒い土、余ったものも何かになるようです。
DSC_8305
DSC_8225
次はゆっくりJEANさんのお話を聞きながらのお食事です。
続く。